【Q】モルヒネ塩酸塩注射液と生食の配合変化は?(携帯型ディスポーサブル注入ポンプ)

【A】以下の情報により、携帯型ディスポーサブル注入ポンプ内でのモルヒネ1%製剤使用の時は少なくとも14日間安定で、モルヒネ4%製剤使用の時は少なくとも30日間安定と考えられる。
 
(1) モルヒネ1%製剤使用の時 → 大塚生食注0.9% 100mlと混合後、14日間安定であると考えられる
外観 : 無色透明で変化なし   pH 配合直後 5.58 → 14日後 5.43
含量 : 14日後 102.3%
 
(2)モルヒネ4%製剤使用の時 → 大塚生食注0.9% 15mlと混合後、30日間安定であると考えられる。(ディスペンサーバッグに入れたバルーン内での安定性)
外観 : 無色透明で変化なし   pH 配合直後 3.73 → 30日後 3.50
含量 : 30日後 105.4%
(参考 : 2010年4月作成 モルヒネ塩酸塩注射液「シオノギ」 配合変化表 共同研究 第一三共株式会社・塩野義製薬株式会社・大日本住友製薬株式会社・武田薬品工業株式会社・田辺三菱製薬株式会社)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • ビジュアルDIを「薬剤師イラスト素材集」にアップデートしました。

    2021.3.6

    講演会や勉強会開催でのスライド資料作成や実習生への指導などに役に立つ「素材集」です。

    プレミアム会員のみがダウンロードできます。

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】HIF-PH 阻害薬 粉砕と簡易懸濁法の可否は?

【質問】HIF–PH阻害薬すべてにおいて、簡易懸濁・粉砕は可能でしょうか。 【A】簡易懸濁法・粉砕...

【Q】エディロールの適用が骨粗鬆症のみの理由は?

【質問】エディロールが他のビタミンD3製剤と異なり、骨粗鬆症のみの適用となっているのはなぜでしょう...

【Q】動注用のアイエーコールと点滴静注用シスプラチンの違いは?

【質問】動注用のアイエーコール(シスプラチン)と抗がん剤のシスプラチンは何が違うのでしょうか。 当...

Q.ユナシン錠375mgの生体内でのアンピシリンとスルバクタムの比率は?

【質問】ユナシン(スルタミシリン)はアンピシリンとスルバクタムを物質量(モル)比1:1でエステル結...

【Q】高カリウム血症治療薬に錠剤やカプセル剤型がない理由は?

【質問】高カリウム血症治療薬に錠剤が存在しないのは何故なのかご存じの方がいらしたらご教授ください...

更新記事

【Q】ビソプロロールとカルベジロールの併用は?

【質問】ビソプロロールとカルベジロールを併用することがありますか?その場合、治療目的(どんなこと...

【Q】抗菌薬の投与量、1日量が同じであれば1回量と投与間隔を変更することは可能か

Q1. 同じ1日量で、1日4回6時間ごとを1日2回12時間ごとに投与方法を変更することは薬物動態的に可能か。 ...

【Q】腎機能に応じたセフェピムの投与量の調整は?

【A】セフェピムは腎機能低下患者においては中枢神経系の副作用 (セフェピム脳症) のリスクがあるため、...

【Q】チュアブルは噛み砕いて飲む必要があるか?咀嚼の必要性は?

【質問】チュアブルについて、錠剤の服用が難しい方に練習にもなる「噛んで飲める≒飲み込めるなら噛まな...

【Q】ラゲブリオカプセルの一包化は可能か?

【A】ラゲブリオカプセルの一包化は可能と考えられます。 ラゲブリオカプセルの一包化についてのデータ...

新着コメント

【Q】利尿剤の疾患別の使い分けは?

【A】 浮腫→ループ利尿薬が最も適している。効果が強すぎるときはチアジド系利尿薬を使用。効果が不十分...

【Q】妊婦・授乳婦に投与禁忌または、疑義照会の対象となる漢方薬は?

【質問】妊婦・授乳婦に投与禁忌または、疑義照会の対象となる漢方薬は?様々なホームページで禁忌の生...

【Q】自家製剤加算は「割線の有無」や「顆粒と散剤の剤形違い」で算定可能か?

【質問】自家製剤加算について質問です。半錠は「同剤形」に「同規格」がなく割線があれば算定していま...

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

関連記事

【Q】 呼吸困難に対するオピオイドの使用について

【質問】上記について、国内外のガイドラインで効果が確認されているものの、保険適応外であるためオピオイドが使用できない場面がありました。非担癌患者においては、どのような場合においてもオピオイドは使用...

【Q】軟膏の配合変化の目安は?

【質問】軟膏の配合変化について質問です。ハンドブックに載っていない組み合わせのとき、みなさんはどのように考えていますか?軟膏、クリーム、o/w、w/oなどいろいろなワードを習いましたが、結局配合しても問...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...

【Q】肝機能低下の患者に使用可能なオピオイドは?

【A】モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデイン、メサドンは肝臓で代謝されるため、肝障害時には代謝能が低下します。そのため肝機能障害時には投与量の減量あるいは投与間隔を延長して、薬物の蓄積を防止...