【Q】MRI(核磁気共鳴画像法)の検査時に剥がす必要がある貼付薬は?

【A】本邦ではニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)、ニトロダームTTS(ニトログリセリン経皮吸収型製剤)、ニュープロパッチ(ロチゴチン経皮吸収型製剤)、ノルスパンテープ(ブプレノルフィン経皮吸収型製剤) がMRI検査時に除去するよう記載がある。
金属を含む一部の経皮吸収貼付剤(以下「貼付剤」という。)を貼付したままMRI検査を実施した場合、患者に火傷を引き起こす可能性があるとの注意文書が、2005年厚生労働省医薬食品局安全対策課長及び審査管理課医療機器審査管理室長より発出された。米国においては、火傷を引き起こした症例も報告されており、MRI検査を実施する前に、患者に対し貼付剤の使用について質問を行うなどの注意と安全に対する配慮が求められている。

以下4剤に添付文書にMRI検査時の注意点の記載あり。
ニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)
ニトロダームTTS(ニトログリセリン経皮吸収型製剤)
ニュープロパッチ(ロチゴチン経皮吸収型製剤) →2022年8月頃からアルミニウム非含有に変更
ノルスパンテープ(ブプレノルフィン経皮吸収型製剤)
ニコチネルTTS、ニトロダームTTSは支持体にアルミニウムを含有しており加熱による火傷や破裂の可能性があり。ノルスパンテープは組成…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について 貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのとき見つけやすいように」「はがれやすいため」などなにか理由があるのでしょうか?他の場所に貼付することも...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る