【Q】支持体にアルミニウム泊などの金属を有する貼付剤はどのようなものがあるか?

【A】支持体にアルミニウムなどの金属を含む貼付剤があります。金属を含む貼付剤を貼付したままMRIを行うと火傷を引き起こす可能性があり、注意が必要です。

支持体にアルミニウムを含む貼付剤

ニコチネルTTS ニトロダームTTS ニュープロパッチ(2022年8月頃から順次アルミニウム非含有の製剤に変更)

また、「ノルスパンテープ」は支持層に導電性の金属を使用されていないが、組成中に導電性物質である「アルミニウムアセチルアセトナート」を含んでいるため、同様に注意が必要です。

・2022年8月頃からニュープロパッチが製剤変更となりました。新製剤は、支持体からアルミニウムが除かれたため、AED(自動体外式除細動器)やMRI(核磁気共鳴画像法)等においても剥がす必要がなくなりました。

【Q】MRI(核磁気共鳴画像法)の検査時に剥がす必要がある貼付薬は?

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

ツイミーグ (イメグリミン)はヨード造影剤と併用可能か?

【質問】メトホルミンはヨード造影剤と併用注意ですが、構造が似ているツイミーグ (イメグリミン)はヨード造影剤と併用しても問題はないのでしょうか? 【A】ツイミーグ (イメグリミン)は、メトホルミンと構造が...

甲状腺機能低下症の患者に対して沈降炭酸カルシウムが投与禁忌である理由は?

【質問】沈降炭酸カルシウム (商品名 カルタン)は、何故、甲状腺機能低下の患者に投与禁忌なのですか 【A】甲状腺機能低下症の患者は、カルシトニンの分泌が抑制されるため、血中のカルシウム濃度が高くなってし...

アバロパラチド(オスタバロ皮下注)からテリパラチド(フォルテオ皮下注)への切り替えは可能か?

【質問】アバロパラチドを開始しましたが、新薬の処方日数制限があり、14日毎の外来通院が難しく、2か月治療後継続困難となりました。テリパラチドへの切り替えは可能でしょうか?また、切り替えを検討する際、テ...

新着記事をもっと見る