【Q】タシグナ内服中の患者で腎不全によるK値の増加がみられた。カリメート等の薬剤とタシグナの相互作用はあるか?

【A】タシグナとカリメートの相互作用に関するデータは国内、海外共に存在しませんが、カリメートの吸着作用を考慮すると服用タイミングをずらして内服することが望ましいと考えられます。以下を参考としてください。

 

pH6.8の条件下で「陽イオン性薬物」および「疎水性の高い非イオン性薬物」がポリスチレンスルホン酸(カリメート) に吸着されやすいと報告があります。
(医療薬学, 40(1) 47-53 (2014))

タシグナはカリメートの吸着されやすい物質か?

・メタノール又はエタノール(95)にやや溶けにくく、水に極めて溶けにくい。
・分配係数 0.08(log D=-1.1)(1-オクタノール/0.1mol/L塩酸)
・酸塩基解離定数 pKa1=2.1、pKa2=約5.4
(タシグナカプセル インタビィーフォームより)

→タシグナはpH6.8下では、酸塩基解離定数pKa2=約5.4であるため、解離していない状態つまり非イオン性であると考えられます。また、水に極めて溶けにくいため疎水性であると考えられます。タシグナは疎水性で非イオン性薬物であるため、カリメートに吸着されやすい物質である可能性があります。そのため、タシグナとカリメートとの服用タイミングをずら…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】Ca値が高値でも使用できる高カリウム血症治療薬は?

【質問】副甲状腺機能亢進症の患者さんが高カリウム血症のためカリメート散を内服していたが、Caが高値となるため中止してもらった。その代わりに内服できるものはケイキサレート散で正しいでしょうか? 【A】カ...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る