【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか?

【回答】経口鉄剤は胃や十二指腸で放出された鉄イオンが胃腸粘膜を刺激することで、悪心、嘔吐、便秘、下痢などの消化器症状が発現します。また、経口鉄剤は主に小腸、特に十二指腸から吸収され、10〜20%の患者に消化器症状を主体とした副作用が出現すると言われています。

一方で、注射鉄剤は直接静脈内に入り、胃腸粘膜を刺激しないため、消化器症状はでにくいと考えられます。そのため、消化器症状により経口鉄剤が服薬困難な患者に対して注射鉄剤が使用されることがあります。

総症例 635例中44例 (6.93%) 、63件の副作用が報告されている。主な副作用は頭痛12件 (1.89%)、悪心7件(1.10%)、発熱 7 件(1.10%)等であった。(フェジン静注40mg 添付文書)

フェロ・グラデュメットは米国アボットラボラトリーズで開発された製剤で1錠中、乾燥硫酸鉄を鉄として105㎎を含有する徐放錠で、急激に高濃度の鉄を胃腸粘膜に接触させないように作られたものである。このため、鉄を持続的かつ効率的に吸収させることができ、胃腸に対する負担を少なくすることが確かめられている。
(フェロ・グラ…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】歯を着色させる薬剤は?予防可能か?対処方法は?

【A】歯を着色させる薬剤として、テトラサイクリン系抗生物質や鉄製剤が挙げられます。 テトラサイクリン系抗生物質は「小学校入学前までの永久歯形成期はできる限り投与を避けること」、「鉄製剤はブラッシング...

【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか? 【回答】経口鉄剤は胃や十二指腸で放出された鉄イオンが胃腸粘膜を刺激することで、悪心、嘔吐、便秘、下痢などの消化器症状が発現しま...

【Q】薬はどのような機序で着色便を出させるか?

【質問】便の色、尿の色が変わる薬剤について、その機序を教えてください。 【A】便が着色する薬剤について、添付文書等に記載があり、かつ作用機序が明確な薬剤を以下に示します。 鉄が含まれている薬剤、成分自...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る